デルヴォーがベルギーを讃えるパリ・ボン・マルシェの イベントでその伝統を披露

デルヴォーが、パリの有名百貨店ボン・マルシェにて開催される、ベルギーにフォーカスしたイベント『'Il était une fois la Belgique'(昔々ベルギーで)』で、コミックにインスパイアされたポップアップストアを出店することになりました。

ボン・マルシェでは毎年、ひとつの国に敬意を表する展覧会が開催されています。今年は、特にコミックストリップ (続き漫画) にスポットライトを当てながら、ベルギーがその主役となります。このイベントでは、飲食品からカルチャー、ファッションまで、ベルギーのあらゆるものが紹介されます。ベルギーのサヴォアフェールを生かしたデザイン、料理、コミックストリップは長年愛好家たちの評価を得ていますが、最近では海外でも広く認知されており、今秋、高級デパートのイベントでベルギーが取り上げられることになりました。

ベルギー王国よりも古い、世界最古のラグジュアリーメゾンであり、また 1883 年からベルギー王室御用達ブランドを務めるデルヴォーは、このイベントに参加できることを大変嬉しく思います。

今回、デルヴォーは有名ベルギー人漫画家、クラークの名で知られるフレデリック・セロン氏とパートナーシップを組むことになりました。芸術家の両親の元にリエージュで生まれたセロン氏は、当初スピルー誌でイラストを描き始め、それ以来、「'Thérapies en vrac'」、「'Cosa Nostra'」、「'Urielle and Mister President'」など、数々の作品を生み出しています。

この度クラーク氏には、デルヴォーのポップアップストアとブティックスペースのために、1829 年から現在に至る la Maison の歴史を細やかに表現したユーモア溢れるオリジナル背景を制作いただきました。初めての特許登録、Brillant の誕生、世界市場での成長など、la Maison の歴史の中でも特に重要な出来事がベルギー人独特のユーモアのセンスを交えながら描かれています。

今から約 200 年前にトランクメーカーとしてスタートしたブランドして、今回このポップアップスタンドでは、これまで未公開だったヴィンテージのスーツケースを展示しますそれぞれ 1958 年と 1967 年に誕生した la Maison を代表するバッグ、Brillant と Tempête、さらには最新のアイコン、Pin や Cool Box もディスプレイされます。

そして、クラーク氏の類まれな絵が描かれた限定版シリーズの Brillant MM と Mini も登場します。ポップアップスタンドでは、クラーク氏自身が生み出したウィットに富んだイメージを使ってカスタマイズされた、限定版シリーズをお買い求めいただける他、一部のスムースレザーバッグやアクセサリー向けにお好きな絵をお選びいただける特別なパーソナライズサービスもご利用いただけます。

ボン・マルシェ (rue de Sèvres, 75007, Paris) でのデルヴォーポップアップストア出店期間は、8 月 29 日から 10 月 18 日までとなります。